MENU CART {{currentCart.getItemCount()}}
KATO 3073 EF30

KATO 3073 EF30

■昭和36年(1961)の九州地区交流電化に伴い、山陽本線の直流区間との交直切換接続駅が門司駅となり、その間にある関門トンネル区間で活躍したのが交直流電気機関車のEF30です。海底トンネルという特殊な環境下で使用されるため、防錆のためのステンレス製車体を持つのが特徴です。 交流区間の走行は門司駅構内の運転に限られるために、交流区間での出力が低く抑えられているほか、1台車2軸の動輪を1モーターで駆動するなどの個性的な特徴が随所に見られます。旅客列車(ブルートレインや荷物列車など)の場合は単機で、貨物列車の場合は重連で使用されて活躍しましたが、昭和62年(1987)のJR移行時までに、そのほとんど


HK$460.00
HK$391.00
{{shoplineProductReview.avg_score}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{shoplineProductReview.total}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
{{amazonProductReview.avg_rating}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{amazonProductReview.total_comment_count}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
Quantity Product set quantity
The maximum quantity per submit is 99999
This quantity is invalid, please enter a valid quantity.
Sold Out

Not enough stock.
Your item was not added to your cart.

Not enough stock.
Please adjust your quantity.

Limit {{ product.max_order_quantity }} per order.

Only {{ quantityOfStock }} item(s) left.

Please message the shop owner for order details.

Description

●昭和36年(1961)製造のグループをプロトタイプに、1灯ヘッドライトと後部標識板の無い小判形テールライトを再現
●特殊な用途ゆえの独特のスタイル、銀に輝くステンレス製コルゲート板に覆われた車体を余すところなく再現
●屋根上の配線は金属線で、碍子は塩害対策でグリスを塗布した緑色をリアルに再現
●フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能
●アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属
●ヘッドライト点灯
●クイックヘッドマーク対応。「富士(山形)」「はやぶさ」「さくら」「あさかぜ」「みずほ」のヘッドマーク付属
●選択式ナンバープレート:「9」「11」「14」「17」、選択式メーカーズプレート:「日立」「東芝」
●付属品:ヘッドマーク、選択式ナンバープレート、選択式メーカーズプレート、交換用ナックルカプラー

Related Products