MENU CART {{currentCart.getItemCount()}}
Microace A0830 EH10-30

Microace A0830 EH10-30

HK$1,560.00
HK$1,160.00
{{shoplineProductReview.avg_score}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{shoplineProductReview.total}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
{{amazonProductReview.avg_rating}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{amazonProductReview.total_comment_count}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
Quantity
Add to Wishlist
The maximum quantity per submit is 99999
This quantity is invalid, please enter a valid quantity.
Sold Out

Not enough stock.
Your item was not added to your cart.

Not enough stock.
Please adjust your quantity.

Limit {{ product.max_order_quantity }} per order.

Only {{ quantityOfStock }} item(s) left.

Please message the shop owner for order details.
Add to Wishlist

Description

Description from official website (Japanese)

EH10は東海道本線電化完成時の直通貨物用として、1200t列車を牽引して関ヶ原を通過可能な性能を持
つ機関車として設計され、日本初の2両連接車体、8軸駆動の巨大機関車として1954(昭和29)年に4台の試
作機が登場しました。翌年から量産が行われ、1957(昭和32)年までに合計64台が製造されました。試作機
と量産機の大きな外見上の違いはパンタグラフの設置位置で、試作機は2両の車体のそれぞれ連結面寄り、
量産機は運転台寄りに離れている点が挙げられます。量産機の中にはいくつか個性的な姿に改造された
車両があり、その中の1台が車体側面のエアーフィルターが交換された30号機でした。
東海道・山陽本線で重量貨物列車を牽引して疾走する迫力ある姿はマンモスと呼ばれて多くのファンに親
しまれましたが、1982(昭和57)年までに全車引退しました。

•マイクロエース電気機関車シリーズの更なる充実
•ヘッドライト点灯。LED使用
•2両共動力車