MENU LOG IN CART {{currentCart.getItemCount()}}
Microace A8909 DD50

Microace A8909 DD50

HK$1,990.00
HK$1,498.00
{{shoplineProductReview.avg_score}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{shoplineProductReview.total}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
{{amazonProductReview.avg_rating}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{amazonProductReview.total_comment_count}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
{{ title.name_translations | translateModel }} : {{variationName[$index] | translateModel}}
Quantity
Add to Wishlist
Quantity
Add to Wishlist
The maximum quantity per submit is 99999
This quantity is invalid, please enter a valid quantity.
Sold Out

Not enough stock.
Your item was not added to your cart.

Not enough stock.
Please adjust your quantity.

Limit {{ product.max_order_quantity }} per order.

Only {{ quantityOfStock }} item(s) left.

Please message the shop owner for order details.
Add to Wishlist

Description

Description from official website (Japanese)

戦後の国鉄非電化路線近代化計画に際して最初に製造された電気式ディーゼル機関車がDD50です。機
関出力と軸重の関係から2両を背向重連して使用することを前提に設計され、片側のみ設置された運転台と
当時流行していた湘南スタイルの前面形状が大きな特徴です。全体的に丸みを帯びた形状で、前面下部と
一体になったマイクロスカートが特徴の1次型、1~3号機と、全体的に角ばり、アンチクライマが設置されて無
骨な印象の2次型、4~6号機の合計6両が1953(昭和28)年から翌年に掛けて登場し、主に北陸本線で活躍
する姿が見られました。DD50で得られた経験は、のちに本線用ディーゼル機関車、DF50の設計に活用され
ました。晩年は北陸本線の米原~田村間で交直流接続区間の連絡用機関車として使用されていましたが、
1977(昭和52)年に引退しました。

マイクロエースディーゼル機関車シリーズの更なる充実
•ヘッドライト点灯